ワンちゃんの成長を応援

無添加ドッグフード

正しくドッグフードを選んであげることは、愛犬の健康を考えるうえでとても大切なことです。そこで、まず気になるのがドッグフードの内容物、なかでも「添加物」の問題です。ワンちゃんの種類によっては添加物の影響を受けやすかったり、最初は健康でも段々といろんな病気にかかる可能性もあります。


そこで思いつくのが、「無添加」という言葉。通常ドッグフードには一定の品質を保つため、酸化防止剤や防腐剤などが入れられています。 特に有名なものとしてはエトキシキン・BHA・BHTなどが挙げられますが、これらの保存料は人体にとっても非常に有害で、食品が回収された例もあるほどです。ガンを誘発するだけでなく、ワンちゃんの健康の根幹にもかかわってくるので、多少お金がかかっても、保存料を極力含んでいない無添加のドッグフードを選んであげたいものです。


「無添加」と名前についているドッグフードは、人間用の無添加食材を使ったドッグフードのことです。添加物を一切使用しない、100%ナチュラルな素材を使っているため、より自然に近い食事が提供できます。栄養の吸収効率も高く、アレルギーなど添加物による疾患も気にしなくて済むのですが、やはり少々割高であるということと、保存が利きにくいドッグフードなこと、インターネットでしか手に入らないフードが多いのが難点かなと思います。その問題さえクリアすれば、ワンちゃんにとって本当に良いフードとして、長く愛用できるのではないでしょうか。
猫も一緒に飼われている方は、愛猫に良いキャットフードhttp://fridaynightrunning.com/を選んであげてください。


【注意点】

ワンちゃんにとって余分な物質を添加していない、無添加タイプのドッグフードは飼い主さんに人気がありますが、これは製造過程で添加物を使用していないだけで、原材料となる肉や魚には添加されている可能性があり、一概に無添加とは呼べない部分があります。そのため、本格的に無添加のドッグフードを購入しようと思ったら、食材の製造や調達からすべて一貫して行っている販売業者のドッグフードを購入するのが確実です。


また、一貫して食材を調達していると宣伝している場合は、実際にそれらの処置が実施されているか、口コミなどを確認したり、業者に問い合わせるなどして確かめるようにすると良いかもしれません。
http://dogsroom.material.jp/にも購入するときの注意点がまとめられているのでご覧ください。