ワンちゃんの成長を応援

カロリーを考えよう

ドッグフードにも、同じように成分やカロリーが表示されているから、同じようにチェックは必須。人間の場合、カロリーは低いほど嬉しいものだけど、犬にとってはそうとは限らない。ランスを考えてあげましょう。


ドッグフードのカロリーについて

キャットフードにも言えることですが、100gあたり350kcalくらいのフードがベストだと考えられています。それ以上の高カロリーのものは、よほど栄養が足りていない限りは与える必要はありません。


介護中のワンちゃんが食べる回復食、離乳後~成長期の子犬が食べる仔犬食などはカロリーが高めに設定されており、そのまま単品で食べることも、ドッグフードに混ぜて食べることもできます。栄養状態が悪いワンちゃんには、高カロリーのミルクやパウダー、おやつなどを食事に混ぜることによって、効果的に栄養をつけさせてあげることができます。


逆に、肥満気味のワンちゃんにはカロリーカットタイプのフードを与えることになりますが、こちらは100gで300kcal以下のものが望ましいとされています。


成分表示を確認する

ほどんどのドッグフードには、「水分」「タンパク質」「脂質」「灰分」「粗繊維」「ビタミン」など主要な栄養素が数値化され、表示されています。まずはこの部分をよく確認し、ワンちゃんの体格、健康状態、年齢によって定められている栄養素の値に合うフードを選ぶようにすると良いでしょう。


ドッグフードのカロリーにとらわれない

カロリーが高すぎては困るからといって、なんでもカロリーオフタイプのドッグフードにする飼い主さんがいますが、それでは逆に栄養不足になったり、ワンちゃんに過大なストレスを与える結果にもなります。ワンちゃんがどのくらいのカロリーを消費できるかというのはそれぞれの犬によって異なり、消化吸収率も違うので、表示だけにとらわれないよう注意しましょう。


私たちも、毎日ダイエットフードばかり出されたら食事に楽しみを見いだせなくなってしまうのと同じで、ワンちゃんが喜んで食べてくれるフードを探すことも、愛犬の健康をサポートする取り組みの一つといえます。
また、こちらのサイトにもドックフードの栄養についての解説があります。是非ご覧ください。